琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

古来の方位観

f:id:reishiryuusai:20160627091436p:plain

 

こんにちは、

リュウサイです。

 

東西南北は方角の意味しかない。

そう思われている方が多いと思います。

古来のヤマトの民は、更に深い概念・・・感覚を持っていました。

東をひがしと読み、西をにしと読み、南をみなみと北はきたと読む。小学生だって読める漢字です。

 

ただ、読みの由来までは知らないでしょう。

これは、現在のグレゴリオ暦ではなく太陰・太陽暦の時代において民が月の満ち欠けや太陽で認識してたからです。

日が出る(頭=かしら)から東、日が照りだし空高く身(ミ)に注ぐ波(ナミ)の様から南、日が沈みゆくと、真っ赤(ニ 古代語)で燃え尽きる(シハ=為し終える 古代語)で西 という感覚から。

また、米(ヨネ 古代語)と水(ミツ 古代語)で炊く際にも方角の概念がありました。

火(ヒ)を点けて熾す(始め)、ヒ・カシ。炊けてくると、派手(ハナ 古代語)に煮立ち、ミ(ヨネの実)がナミ(為しむる・生じてさせる 古代語)という変化で、ミ・ナミ。ニ(柔らかい 古代語)という状態を経て、シ(為す 古代語)がツム(集まり 古代語)と食べやすい。

 

 

そして、方角の概念はミヤ建築にも及びます。

南向きで建てるのは、ミ(身体・心 古代語)に受けるナミ(生じてくるもの)を最大限にしようという考えからです。ア(天)・サキ(生まれるエネルギー)を十分に受けて長寿を得ます。建物の後ろを北という由来は、古代語では北(ネ=寝る)という意味があったんです。それは、古代では人は寝ているとき夢を通じて死後の世界・神の世界へと旅をしている。そこで魂の休息をする。という信仰があったからです。そして、キ(樹木)がタ(耐える 命を終える)という概念も。

 

 

さらには、季節の移り変わりにも方角が!?

東西南北という漢字では古代の民が持っていた感性のすべてを僕達が理解するのは難しいことでしょう。

 

現代人の価値観・感性では、こじつけのように思う人も多いことでしょう。

 

僕は、古代の日本人が・・・ヤマトの民が持っていた感性って素晴らしい!!

と誇りに思います。

日本神界が動き出す(4)

f:id:reishiryuusai:20160620112356j:plain

 

こんにちは

リュウサイです。

 

先日から御嶽山頂上の社写真を載せておりますが、

皆さんお気づきになられたでしょうか?

 

国常立大神の首が破壊されており、なくなってますね。

 

当時は噴石の勢いが凄かった・登山者の身変わりになった

などの話が話題となっていました。

 

しかしながら、神ごとの世界には偶然は

ありません。

 

古神道において、偶像崇拝は存在しておらず、

私個人が感じるには、頂上に社を建て、偶像など

というものを置き、人間が感謝抜きに我欲の為に

登坂する。

 

このことをお怒りになられたのではないでしょうか。

 

今の神社神道・ネット上に溢れる古神道は、神仏習合化したものであり、本来の祀り方をしておらずにいます。

 

神界が動き出した今こそ、僕達人間も意識を変え、行動を改める

時代になったのではないでしょうか。

日本神界が動き出す(3)

f:id:reishiryuusai:20160620111807j:plain

 

こんにちは

リュウサイです。

 

国常立大神の息吹による国土の異変は、

あるライン上に特徴があります。

 

白頭山・白山・御嶽山・富士山・箱根山

というようにです。

 

白山には白山神界というのがあり、白山比咩

を祭神としております。この神は国常立大神

の娘とされ、物事をすべて最初に戻してしまう

・リセットしてしまう。

 

つまり、人間が築き上げた文明だけでなく、

人間そのものも存在を消してしまうほどの

働きを持っているのです。

 

国常立大神・白山比咩共に国土を作り・戻す

強力な浄化の力を持っていますが、僕達人間が

今度、今まで以上に土地・自然の営みへの感謝を

捧げることで大難を小難に変えられるかもしれません。

 

人間が無謀とも言える科学技術の発達やそれによる

地球への大いなる負担を考えなおす時ではないでしょうか。

日本神界が動き出す(2)

f:id:reishiryuusai:20160620112356j:plain

 

こんにちは

リュウサイです。

 

前回御嶽山噴火について書かせて頂きましたが、

この流れは311の東日本大震災が起点となります。

 

国土創生の親神であり、特徴としてすべてを一刀両断

し、ひとたび動き出せば、あらゆるものが強制的に

リセットされてしまうでしょう。

 

鬼門の神・丑寅の坤神と恐れられていた訳です。

 

その一方では、世直しの神ともされ、古来より

人々は国常立大神を敬い祀り、感謝を忘れず

とても大事にしてきました。

 

単なる自然現象ではなく、神界の意味があるのだと

見つめ返し、古来の人々と同様に感謝を日々捧げる

時がきたのだと思います。

日本神界が動き出す(1)

f:id:reishiryuusai:20160620111807j:plain

 

こんにちは

リュウサイです。

 

皆さん、ご記憶にありますでしょうか?

 

2014年9月27日に御嶽山が噴火を

しました。

 

ここは元々山岳信仰で有名な場所です。

登られたことがある方はご存知のように

社が頂上にあり、国常立大神が祀られて

おります。

 

通常、隠されて祀られることが多い

国常立大神を前面に出している非常に

珍しいと言えます。

 

本日から神界のお話を紹介しますが、

国常立大神の息吹は国土に大きな影響を

及ぼすことでしょう。

北方の神

f:id:reishiryuusai:20160620105852j:plain

 

こんにちは

リュウサイです。

 

国常立大神という神がおります。丑寅の坤神とも呼称されます。

普段は、平将門菅原道真公が祀られる社にて姿を変えられ祀られています。

 

国常立大神は封印神と言われ、全国各地に封印されており、

表舞台に出てくることはありません。

 

国土創生の神であり、浄化の力が強力な神としても知られております。

 

震災以降、その浄化の力で沸き起り、とてつもない力が地底でうごめいているように感じます。

 

みなさんの中でも、何か自分をフラットに浄化したい場合は国常立大神が祀られている社にお参りしてみてください。

パートナーシップ

こんにちは。

リュウサイです。

 

本日は、神奈川県厚木市のサロン あーねらの岩渕裕一さんとの対談録画をお届けいたします。

 


岩渕裕一さんんと対談1

 


岩渕裕一さんとの対談2