琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

祈祷

憑依の発生から祈祷による浄化まで2

怨念寺(後編) 一人の藩士が大手門の前にたたずんでいる、その僧に声をかけた。「御坊、さきほどから、しきりと城内を気にされておいでのようだが、いかがなされましたか?」すると、その僧は天守のほうを向いたまま、「良いかの、あの天守に妖気が立ち昇って…

憑依の発生から祈祷による浄化まで

怨念寺(前編) 山形県のさる都市の郊外に「怨念寺」という小字がある。しかし、今、その辺りは一面のすすきの原が広がるばかりで、かつて、そこに大寺があったと思わせるものは何もない。江戸時代の初めの頃、ここには「御念寺」と呼ばれる念仏宗の寺があっ…