琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

風習

結婚(3)

え〜そんなぁ〜 最近じゃありえないこと

結婚(2)

沖縄の結婚事情から、現代まで

結婚(1)

沖縄の結婚前夜

厄年の違い

厄年の考え方

成人なったら、女性はタトゥー?

タトゥー 成人女性

屋敷御願(ヤシチウグァン)

土地建物への感謝

嫁入り道具?

みなさん、タイトルと画像とで「え?」と思われたでしょう。 ここには沖縄独自の繋がりがあります。 沖縄では、へその緒は麻糸が芭蕉の糸でしばり竹ヘラで切る習慣がありました。竹ヘラは竹を割って、うすく削り使っていたようです。芭蕉はやわらかい繊維部…

お産

本土において。人が亡くなると49日間 慎んで故人へ想うとされ忌中と言います。これは現在 仏ごとの「喪」の考えが入り込み喪中と言い換えられていますね。 そして、仏壇・神棚などが穢れ・忌みにさらされぬよう扉を閉じていたり、半紙を吊るしたりしますね…

名付け(ナージキ)

ナージキの儀礼においては、 弓矢を使用していて、使った弓矢は軒の内側にさしておくという伝えがあります。これは、悪霊(ヤナムン)を祓うという意味合いがあり、庭遊び(ナーアシビ)という形でされていた地域もあったようです。

胞衣(イヤ)ワレー

胞衣を埋める際は、人間が決して訪れず・踏まれない土地だとされていました。これは、胞衣には魂しいが入っていて、踏むと赤ん坊がビッくらポンするのだとか・・・。 また、男子が産まれた場合は女子に。女子なら男子に最初に笑わせると良いとされる地域もあ…

産水(ウブミジ)

沖縄で古くからある風習をご紹介します。 子供が産まれる時に使う産水(ウブミジ)は東方を向いて汲み上げ、組み上げた水(ミジ)はススキで作ったサンをひたして、持ち運ぶときも持ち手を変えてはいけない。 そして、この役目は女性に限り、子供じゃないと…