琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

祀り方2

f:id:reishiryuusai:20160209181947j:plain

前回に引き続きご紹介させて頂きます。
今回は神籬式というものです。こちらは、一定の場所ではなく、その度ごとに祭壇を作り、神を招聘し、神事を行うやり方です。

古神道とは、本来今の神社神道とは違い、山・川・岩・木など自然を祀っており、正座などもせずに、神拝作法などもありませんでした。自然を前にして、立居の状態が良かったという経緯もあります。

現在、古神道を名打っていても正座などしている団体や従事者は亜流ないしは創作を加えているようなものです。新興宗教などが後世に祝詞・作法などをアレンジし、歪めていく歴史もあります。