読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

魂美人になろう!!

昨日に引き続き、古神道の修行について。

 

まず、鎮魂行というのがあります。

 

鎮魂と書くように、自身の御霊を鎮める行です。

 

では、どこに鎮めるのか?それは武道などで言う丹田となります。この丹田のなかでも臍下丹田に御霊を鎮めていきます。

 

本土古神道において、魂は火の気と言い、あちこちに飛んでいってしまうことは以前にお伝えしました。あちらこちらへと飛んでばかりだと、火の勢いがなくなり中心が消えてしまいます。そこで、火の中心をしっかりさせ、飛び火しても、消えにくくしていくことが大切になってくるのです。

 

行により御霊を鎮めますと、自分に軸が出来、強化され、周囲に対して考えや行動がブレにくくなっていきます。そして、軸が身体から伸びて天や地と繋がったり、太くなっていったりもします。

 

自分が光の御柱になったような感覚になります。

 

この鎮魂行ですが・・・現在、一般的に普及されているのは本田親徳の行となります。神社の神職さんなども日々されていることと思います。

 

魂が強化されると、人は自然と明るく・活発になります。

 

そして、内なる輝きが生き方にあらわれます。

 

みなさんに今後お伝えしようと思いますので、お楽しみに^^