琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

厄年の違い

f:id:reishiryuusai:20160314163537p:plain

 

こんにちは。

 

琉球神人 リュウサイです。

 

みなさんのなかには、「今年何やってもダメだなぁ。厄祓い行ったほうが良いかなぁ」とご自分で思われたり、ご家族で話されたりした方がいることと思います。

 

この「厄」の考えは、元々陰陽道に由来していて、男性なら25歳〜42歳・女性なら19歳〜33歳まで起こりうる災厄を免れようと願掛けをしたということになります。

 

この考え方は本土においては引き続き残っており、男性の25歳・42歳・61歳で女性の19歳・33歳・37歳 となるでしょうか。

 

その一方で、沖縄では・・・。

 

61歳以上の長寿祝い。その年齢以前は、「厄」として控えめに人生を過ごすものと変化しています。

 

この「厄」にあたる年を「立」と言い、その翌年は「晴れ」と言うようになります。「立」にあたる年には、災厄にあたらぬよう神・祖霊に願いを立て、無事に過ごせるようにします。「晴れ」は、何事も無く無事に過ごせた「厄」が「晴れ」たことを指し、神・祖霊に感謝を捧げるようにします。