読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

ヒーラー3年説って?

こんにちは。

 

琉球神人リュウサイです。

 

読者のみなさんのなかには、聞き馴染みがうすいかと思われます。

 

所謂、スピリチュアル・霊能のヒーラーの仕事上の寿命が3年という意味合いなんですが、何故このような説があるのか・・・僕なりに書きたいと思います。

 

レイキに代表される伝授系ヒーリングを習ったり、サイトなどの紹介には必ず以下の謳い文句があります。

 

1,邪気を受けません。

2,トレーニングいらず即日習得

 

何処のサイト、教えている人間問わず必ず書いています。

 

2つめの問題点は、前回の記事

間違いだらけの伝授ビジネス - 琉球神人リュウサイのブログ

で紹介させて頂きました。

 

今回はひとつ目の点についてです。

 

邪気を受けない理由として、「宇宙のエネルギーと依頼者とのパイプ 

なので、自分に負担がない。」と言われています。

 

さて、パイプは中は空洞で、確かに滞りなく流れれば問題はないように思えます。

 

はい。滞り無く・・・という仮定なんです。あくまでも!?

 

多くのヒーラーは、プロとしての自覚が甘く、セルフケア・メンテナンスを徹底していないのが現状です。

 

さらに言えば、霊能者ですら、自己管理が甘く、クライアントへ自己の不調や処理しきれずにいる憑依の霊を渡すようなのもあります。

 

当然ながら、徐々に心身ともに不調をきたし、平均3年で休養せざるをえなくなるんです。

 

こういう状況に陥り、命を落としているヒーラーも海外に目を向ければ多くいます。

 

今後は、自分の実力以上のクライアントを取らず、セルフケア・メンテナンスを徹底し、その上でヒーラー同士の連携を組んでいくのが賢明でしょう。