読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

三種の神器(2)

f:id:reishiryuusai:20160627091939p:plain

 

 

こんにちは、

リュウサイです。

 

ト・ホコ・カガミの由来。

わが国の歴史の初発と言えるでしょう。

以前にアマカミという天皇の呼称についてはご説明したとおりです。

初代アマカミであったクニトコタチが建国しました。

その時に理念としたのが、「トのヲシエ」というものでした。

この時代は、狩猟や木の実を取って生活をしていました。

2代目アマカミのクニサチヌの時代になりますと、国土を8分割して、それぞれの土地にクニカミ(現在で言う県知事、市長のような国の運営をスムーズにし地域の民の意見などを汲み上げる役割)を派遣します。

そのクニカミとなったのが、「ト・ホ・カ・ミ・エ・ヒ・タ・メ」という8人でした。

この後、エの尊とトの尊が交互にいく時代が続きます。

3代目トヨクンヌの時代になり、それまでの狩猟・木の実の生活では限界がきてました。

そこで稲作の試作が行われ始めました。