琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

夫婦の形(3)

f:id:reishiryuusai:20160627094307p:plain

 

 

こんにちは、

リュウサイです。

 

7代目アマカミ イサナギ・イサナミの時代。

民は、どんな生活をしていたのでしょう。

この頃になると、稲作は普及し更には畜力耕作の導入・普及が行われるようになります。稲作をより効率的・生産的にするためでしょう。

いよいよ8代アマカミ アマテルの時代になります。

この時代は農耕技術が急速に発展し、国がもっとも豊かなものとなります。

しかし、豊かさの一方で・・・富める者を羨み。また、国の政策に不満を持つ者が現れ、ついには暴動が起きます。

これをハタレの乱と言います。

アマテルは、トのヲシイェやホコだけでは足らないと感じたのでしょう。

カガミを入れます。

カとガという裏表をミ(観る)。精神の成長を促すようにします。

これで、ト ホコ カガミが揃いました^^;

三種神器の由来だけで・・・ここまでの歴史があるんですねぇ^^

9代アマカミ オシホミミが即位するとヒヨミノミヤを設置します。

従来は日夜見の宮と漢訳されています。まあ、暦に関するもの。

天体観測所みたいなものでしょうか。

暦に関しては、ざっくり説明すると・・・

オモタルが研究を開始しています。