読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

結婚(3)

風習

f:id:reishiryuusai:20160711105416j:plain

 

こんにちは、

琉球神人 リュウサイです^^

 

今回は3回目!!

 

ちょっと変わったものをご紹介します^^:

 

最近じゃ、「出来ちゃった婚」が珍しくもないですね。また、未婚の母というのも増えていますよね。

 

本土においては、江戸時代まで「性の縛り」が少なく、あっけらかんとされてましたよね^^町中を普通に裸で下着だけで歩く男性。女性も羽織るくらいでしょうか^^

 

混浴も今じゃ水着着用・・・。

 

開放的な性にHな観念を持ち込んだのが西洋文化なのは、皆さんも御存知かと思います。

 

海外の一部では、ヌーディスト・ビーチというのがあり、男女年齢関係なく全裸で泳いだり、日を浴びたり・・・等しています。そこは、江戸期までの日本人を彷彿とさせるものがあります。

 

そこにいる全員がふしだらなHな妄想などはなく、ただただ純粋に、まるで赤ん坊のようです。全裸になることで、下手な羞恥心や世間的な見栄・外聞が減り、素直な気持ちで性別もなく、人間の在りのままの姿で接することが出来るようです。

 

今の日本人には無理かもしれません・・・。

 

そろそろ本題に入りましょう!!

 

沖縄では、結婚初夜に花婿がおあずけをくいます。まあ、これだけなら他の地方にもありますが・・・ここから凄い!!

 

花嫁は自分の女性友人達を集め、初夜を語り明かすというのです。しかも、初夜どころか・・・数日続くことも少なくなかったようです^^;花婿としては、初夜の契りを結びたい!!もう!ムラムラしてたまりません!!

 

さらには!?久高島では、結婚式が終わると花嫁が逃げる。花婿が追うというのがあります^^:花婿が花嫁をつかまえるまで、数日続くこともあるのとか・・・ないとか^^:

 

どちらも花嫁・花婿の今後を試す意味合いもあるようです。

 

最近の安易に恋愛の段階でも性行為をして、子供を産み・・・これを時代の変化で良しとしている。

 

これって、本当に良いのでしょうか?

 

性行為をしても、双方が避妊を確実にするとか・・・。対策はあるはずです。海外が自由だからと勘違いしている人達が多いように感じます。

 

今の日本は、開放的な性ではなく、淫らな性になってしまった。

 

その違いを若い人達に伝えていくのが、大人の義務ではないでしょうか。