琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

憑依の発生から祈祷による浄化まで

怨念寺(前編)

山形県のさる都市の郊外に「怨念寺」という小字がある。しかし、今、その辺りは一面のすすきの原が広がるばかりで、かつて、そこに大寺があったと思わせるものは何もない。
江戸時代の初めの頃、ここには「御念寺」と呼ばれる念仏宗の寺があったが、いつの頃からか?「怨念寺」と言い変えられるようになった。
江戸時代、この地を支配していたのは佐々木豊後守という三万石の大名だった。小さいながらも、三重の天守を持つ城もあった。
豊後守にはお小夜の方と呼ばれる正室と、お久米の方と呼ばれる側室があり、お小夜の方には芳姫と言う幼い姫があった。お小夜の方とお久米の方は、互いに仲悪く、常に威を競った。
ある年のこと、お久米の方が身籠った。お久米の方の腹が前に張り出すようになるにつれ、
「お久米の方の腹の御子はわこ様(男子)に違いない」
と、家中の諸士の噂するところとなった。お小夜の方は、この噂を、身を斬られる思いで聞いた。
お久米の腹がしだいに大きくなるにつれ、ますます、お小夜の方は心を病むようになった。
お小夜の方は、思い余って、ある夜のこと、人を遣い、殿様からの届け物と偽り、下ろし薬を調合した菓子を渡した。
お久米の方は、たいそう喜ばれて、これを食した。
半時ほどのちのこと、お久米の方は、激しい腹痛に襲われた。やがて、白絹の褥に子宮から大量の出血をして、七転八倒の苦しみように、侍女も、なすすべが無かった。
その時、お久米の方の侍女の一人が、
「そう言えば、菓子を届けた者を見たことがある。あれは確か、お小夜の方の小者に相違ない」
と、言いだした。
その言葉を聞いて、お久米の方は激しい怒りを覚えた。悔しさに身体がうち震えた。
「おのれ!お小夜の方!この恨み、晴らさで、おくものか!」
そう、低く、呻くように言うと、腹の痛みのために歩けぬ身体を、両腕の力だけで、這いだした。白絹の寝着の下半身を鮮血で真っ赤に染めて、
ズルッ…ズルッ…
と、お久米の方は、お小夜の方の寝間を目指して這い続けた。
お久米の方の這った畳の上に、ベットリと血のあとが残った。
しかし、お久米の方は途中で力つきた事をさとると、
「おのれ!お小夜の方!この恨み、晴らさでおくものか!七生までも祟ってくれん!」
そう、絶叫すると、虚空を握りしめて息絶えた。
それから、間もなく、芳姫が、病の床についた。芳姫は、うなされた。
お小夜の方は、心配そうに芳姫の顔を覗きこんだ。
その時、うなされていた芳姫が、カッと目を見開くと、
「おのれ!お小夜の方!必ず、必ず、この恨み晴らさいでおくものか!」
そう言って、母親であるお小夜の方の胸ぐらをつかんで、その顔に痰を吐いた。
その後も、芳姫の病状はいっこうに良くならなかった。芳姫は四六時中、夢にうなされ続けた。
そして、決って、
「血まみれの、お久米の方様が、鬼のようなお顔をして這って来る」
と、訴えた。
芳姫の身体はしだいに衰弱していった。
羽黒の金剛坊と言う、世に知られた行者に七日七夜、怨霊退散の護摩を焚かせたが験しは無かった。
ある日、母親のお小夜の方が重湯を飲ませようとしたが、それを手ではねのけて、
「また、私に毒を盛るつもりか!」
と叫んだかと思うと、突然、子宮から大量の出血をして、褥を真っ赤に染めた。枕辺にひかえていた医師にも、なすすべが無かった。
かくして、芳姫は昏睡状態に落ちた。
七日目の夜、芳姫は、虚空を握りしめて、
「まだまだまだまだ、許さぬぞ!もっと、もっと、もっと、苦しめて、苦しめて、苦しみ抜いて死ぬが良い!」
そう言って息絶えた。芳姫の死後、お久米の方の怨霊は、夜毎に、お小夜の方の寝所に出るようになった。
深夜、お小夜の方が物音で目を覚ますと、広い広い座敷のかなたの襖が開いた。そして、下半身血まみれのお久米の方が、
ズルッ…ズルッ…
と、お小夜の方を睨みつけたまま、畳の上を這って来る。這ったあとにベットリと血がついている。
お久米の方は、少しずつ、少しずつ、お小夜の方の褥に近づいて来る。お小夜の方は、声をあげようとしたが、恐怖で声にならなかった。やがて、お久米の方は、お小夜の方の布団の上に乗ってきた。そして、両手で、お小夜の方の首を絞めた。お小夜の方は、あまりの恐怖に気を失った。
朝になり、侍女がただならぬ、お小夜の方の様子にお小夜の方を揺り起こした。お小夜の方が改めて辺りを見回すと、どこにも血の痕は無かったし、お久米の方が入って来た襖はピタリと閉められたままだった。
お久米の方の怨霊は夜毎に、お小夜の方を悩ませた。侍女や剣に覚えの藩士に不寝番をさせても、皆、お久米の方の怨霊が来る気配と共に、不覚にも眠ってしまうのだった。
この事に、最も心痛めたのは藩主たる豊後守だった。
ある夜、豊後守が、お小夜の方の枕辺に不寝番に付くことになった。
その夜、豊後守は、お小夜の方の枕辺に座り、お久米の方の怨霊が現れるのをじっと待った。
深夜、かなたの襖が音も無く開いた。
豊後守は、静かに視線を向けた。暗い闇の中から、果たして、お久米の方が這い出て来た。お久米の方は、じっと、黙って豊後守のことを見ている。その目は、悲しそうに訴えかけるように見えた。
豊後守は、沈黙を破った。
「久しいのう、お久米…わしはそなたを失い、悲しいぞ。いつまでも、そなたと共に在りたいと願っていたのだ…それが、こんなことになってしまった。お小夜のしたことは悪い。しかし、わしに免じて許してやってはくれぬか?お久米も、お小夜も、わしにとっては、かけがえの無い二人だ…」
お久米の方の怨霊は泣いていた。そして、そのまま、何も言わずに消えた。
それからと言うもの、城内に怪異は絶えた。
しかし、今度は、お小夜の方が病に臥した。お小夜の方は日に日に衰弱していった。江戸や米沢から名医を招き、羽黒や立石寺から名のある行者を何人も招いたが、病状は悪化するばかりで、豊後守は途方に暮れた。
そんなある日のこと、一人の旅の僧が、城下を通りかかった。