琉球神人リュウサイのブログ

琉球古神道を中心に一般的な神道やご神事・歴史について

憑依の発生から祈祷による浄化まで2

怨念寺(後編)

一人の藩士が大手門の前にたたずんでいる、その僧に声をかけた。
「御坊、さきほどから、しきりと城内を気にされておいでのようだが、いかがなされましたか?」
すると、その僧は天守のほうを向いたまま、
「良いかの、あの天守に妖気が立ち昇っておる。おそらくは怨みをのんで亡うなった者の霊が祟っておるようじゃの。しかも、かなりの怨みのようじゃ」
藩士は、その僧の言葉に驚いて上士に事の次第を告げた。そして、その話は瞬く間に、豊後守の知るところとなった。僧は、町外れの寺に投宿していたが、豊後守は、ただちに使いを走らせ、城内に招いた。
豊後守は、すぐに僧をお小夜の方の枕辺に招じ入れ、
「御坊、御坊は城内に妖気が昇っておると申されたようだが、それは奥の病と何か関係がござるのであろうか?」
そう尋ねた。
僧はしばし黙って、目の前の病床に臥すお小夜の方を見ていたが、
「ある!女の妄執、怨みを抱いた死霊が奥方にとり憑いておる」
そう言った。
豊後守は、僧に、今までのいきさつをつまびらかに語った。そして、僧に言った。
「御坊、その、お久米の方の怨霊は私が心を尽くして話をして、納得して成仏してくれたはずなのだが…」
「あまい!人の怨みは、そう簡単には消えるものではない。頭で祟ることを悪いと知っても…」
そう言うと、僧は自分の胸を叩き、
「良いか!ここじゃ!怨みと言う思いを抑えきれぬのが人の愚かさと言うものだ!」
そう言って、横たわるお小夜の方を見た。
僧の名は覚龍と言い、真言の僧だった。覚龍は豊後守に護摩を焚ける寺を求めた。
「町外れに御念寺と申す寺がござる。念仏宗の寺であったが、先年、住職が亡くなってよりは無住の寺になっておる。そこでは、いかがでござろう?」
と言うことで、急遽、御念寺の本堂に護摩壇が用意された。
覚龍は、一人、早速に加持に入った。やがて、壇に火が入れられた。辺りは既に夜の闇に包まれている。
覚龍の唱える真言だけが、人里離れた御念寺に響きわたった。絶えること無く、護摩は焚き続けられた。護摩の焔が暗い本堂の闇をほのかに照らし出した。
深夜に入って、覚龍は背後に気配を感じた。
「来たな。そなたが来るのを待っておったぞ!」
確かに、闇の中に、
ズルッ…ズルッ…
と、お久米の方が這って来るのが、わかった。その気配は、覚龍の背後で止まった。
「お久米よ!なぜ、そなたは恨むのだ!」
「しれたこと。お小夜の奴に毒を盛られたからだ!」
「良いか!この世は因果応報じゃ。そなたが毒を盛られたのにも原因がある!」
「嘘だ!わしは何もしていない!」
「果たして、そう、言いきれるかな?物事には、必ず、原因があって、結果があるのだ!そなたが毒を盛られたのにも原因はある!」
覚龍はさらに続けた。
「良いか!よく聞け!人は輪廻を繰り返す。生まれては死に。生まれては死ぬ。そして、前世に人を殺めた者は、生まれ変わって、次の世には、今度はおのれが殺されるのだ!つまりは、この世で殺された、そなたは、前世に、人を殺めているのだ!」
「嘘だ!お前はわしを言葉たくみに騙すつもりであろう!」
「ならば、そなたに聞く!人はなぜに、生まれながらにして、ある者は幸せに、また、ある者は不幸にならねばならぬのだ!」
お久米の方は、
「それは…」
と、言いかけて、言葉につまった。
「いかに!」
覚龍は、そう厳しい口調で言ったかと思うと、言葉を和らげた。
「良いか。前世に何をしたかによって、人の定めは決まるのだ。前世に人を殺めれば、現世に、今度は自分が殺されて、前世に自分が殺めた相手の悲しみ、苦しみを知るのだ…」
お久米の方は何かを考えている様子だった。さらに覚龍は、
「そなたの悲しみも苦しみも、許せぬ思いもわかる。しかしじゃ…その思いは、そなたが前世に殺めた相手の悲しみであり、苦しみであり、許せぬ思いだと言うことを忘れてはならぬぞ」
そう、親が子を諭すように、やさしく言った。
お久米の方は黙って聞いていたが、
「しかしじゃ、わしは、我が子の産まれ来るのを楽しみにしていた。この世に、我が子の誕生ほど、心楽しく、また、嬉しいことも無い!それを、あの女が奪ったのじゃぞ!これが許せることか?おぬしは、それでも、許せと申すのか?」
そう言って、覚龍に詰めよった。
「そうじゃ。許せ!それでも許せ!そなたが、それほどに無念な思いをしたと言うは、そなたも前世に、相手に、それだけの無念な思いをさせたということだ!」
その、覚龍の言葉を聞いて、お久米の方は泣き崩れた。
お久米の方は暫く、あたりはばかること無く泣き続けたが、顔を上げると、
「御坊に頼みがある。わしは、祟ることの誤りを悟った。しかし、自分の中の怨みを、いかにして鎮めて良いか、わからぬ。御坊の御力で、救って頂けぬだろうか?」
そう言って、手を突き、頭を下げた。
「わかった。真言に懺悔法と申す法がある。これから、そなたの為に懺悔法を修して進ぜよう」
それから、覚龍は七日七夜、懺悔法を修し続けた。そして、結願の朝、覚龍は、お久米の方が昇天して行くのを見た。その日を境に、お小夜の方の病は瞬く間に癒えた。
この後、お小夜の方は剃髪して仏門に入り、御念寺に、お久米の方の菩提を弔い、一生を終えたと伝え聞く。
覚龍は、豊後守から御念寺の再興を懇願されたが、
「我、その任にあらず」
と書き置きして、巡錫に立った。
その後、明治時代に入り、御念寺は廃仏毀釈の難に遭い、破却された。そして、「怨念寺」の小字に、その名残を留めるのみとなった。完